KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

空白を埋める

頭のいい人ほど、陰謀論にハマりやすいという。

分からないものを分からないままにするというのは不安であり、不快である。

そのため、「物事の裏には〇○という存在がいる。全ての原因はそこにある」としてしまえば、分からないという空白はなくなる。

 

らしい。

頭のいい人は大変だ。人間が分からないことなんていくらでもあるのではないだろうか。

コロナ禍において、科学的リテラシーの大切さが表面化したが、本来科学というのは曖昧なものを曖昧なままに定義することもある。

 

ワクチンなども、「400万人のうち、10人に重大な副作用があることもあるし、ないこともある」など。つきつめていけば、過去にアレルギー反応があったり、アナフィラキシーショックを起こしたことがある、といった要因もある。

「〇○という条件下において、××は△△であるが、××が□□なこともある」といわれるより、「××は△△!」と言われた方が分かりやすいのだろう。

 

「自分は自分の知らないことがいっぱいあるのだな」という空白を認めないと、安易に空白を埋めてしまいたくなるのだろうな、とそんなことを思った。