KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

忙しさにかまけて

note.com

 

こちらを読んで。
これは他人事ではないな、と思った。

淡々と積み重なるこれまでとこれからのことに、ただ胸に詰まるものがあった。

俺は人生にちゃんと向き合えるようになったのはここ最近だと思っている。
人生とは自分一人のことではない。自分と、そこに関わる全てのことだ。

それまではただ周囲に流され、忙しさにかまけてちゃんと考えようとしてこなかった。
考えていたのは自分のことばかりだ。自分のことで頭がいっぱいだった。

いつか来るであろう別れと、その時の処し方に備えつつも、その時の自分を支えるのは今ここにいる自分だ。

幸せになることから逃げてはいけない。幸せであろうとした結果起こる失敗や悲しみも引き受けて、なお幸せだと言えるようになりたい。

人は幸せになるために生きてきたのだから。