KQ4のブログ

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

自然恋愛の呪い

www.itmedia.co.jp

コロナ禍の影響か、恋人との出会いの場の1位は「マッチングアプリ」。
これ、数年前までだったらまず考えられなかったと思います。
似たような記事では1位は職場、2位が学校で3位に紹介でした。

ですが、職場や学校で出会いがあるのならとっくに結婚しとるわい、と当時の私は思っていました。
なぜならば、学校はともかく職場は仕事をする場だという思いが強いからです。
うまくいけばまだしも、もし振られたりしようものならその後の人間関係に影響が出てしまい、ひいては仕事にも影響が…
考えただけで面倒くさい。

そのあたりをスマートにこなせる方ならいいのかもしれませんが、そういう人はまさに出会いに困らないんじゃないかな、と思います。

妻もまた、仕事と恋愛は分ける人です。
そんな妻と話しているとき、「自然恋愛」というワードが出ました。

自然恋愛とは、その名の通り、自然に出会った男女が恋愛するということ。
この場合の自然とはまさしく学校や職場。つまり、出会いを求めていない場所で出会うということ。
これ自体は何も悪くないのですが、「自然恋愛」という概念に縛られている人は意外と多いのではないかと思います。
自分で出会いの場に行くことは「自然ではない」からしない。
出会いは向こうからやってくる…

そこには自分で出会いを探すのって面倒だし、いい相手がいるかわからないし、そもそも自分が求められるかわからないし…という心理があるのかもしれません。

まわりの独身男性はそういう人が多いです。
職場でも、30歳前半の新人女性に40代、50代の男性が群がってて「うへぇ…」と思ってしまいました。(女性本人は流してましたが)

また、職場以外で出会いを求めること自体に抵抗があるようです。
出会いを探さないのに出会いがないことを嘆く…
そこには「出会いは自然である」という信仰があるのかもしれませんね。

余談ですが、30代過ぎて婚活をした後輩が「婚活してても、ドキドキしないからあまり積極的になれない」というのも「恋は自然に落ちるものである」という信仰から来るのかな、と思いました。
出会った相手のことを知っていって、次第に恋に落ちるということもあるのではないかな、とそう思います。

私は最終的には運でしたが、自分で動いた結果が運を呼んだのだと思うようにしています。これを言うと惚気とか生存者バイアスになるのであまり言えないのですが…
何にしても、妻への感謝は忘れずにいたいと思います(謎の決意表明)

母子手帳をもらう

最近は出産関係の本を読んでます。
kindle unlimitedには読み放題で色々な本があっていいね。
でまぁ、「第〇週はこういう時期です」とか、「私のときはこうだった」と、タメにはなるんだけど、夫側ができることというのはあまり多くない。
妻自身、色々調べたり医者から聞いてたりするので、あくまでも「知っていて損はない」という程度かな。
結局、家事をしたり、話を聞いたりといういつも通りのことをするのが一番なのかも。

しかし、妊婦さんで家事をワンオペって煽りじゃなくてどんだけ大変なのだろう…
もちろん、つわりの重い軽いはあるのだろうけど。

で、母子手帳が来たわけなのだけど、そこに副読本がついてきた。
これがすごいコンパクトにまとまっていて、下手な有料の本よりも読みやすいのでは?という感じ。
まずは妊娠と出産についてよく読んでおこう。

それと平行して、認知症の本も読まないとなぁ。
介護と育児、両方やらなくっちゃいけないのがアラフォーの辛いところだ…
まぁ、まだどっちもこれからの話なのですが。

第一に健康ですね。

義母に妊娠の報告

先日、義理のお母さんに妻が妊娠したことを報告しに行った。
正確にはもともと妻の実家に行く予定があり、その時に報告をしたという感じ。

ちなみに、お義父さんは既に妻から電話で聞いていたらしい。
では、なぜお義母さんには知らせなかったか…

実は、お義母さん、メンタル絶不調。
年明けから体調を崩し、病院で検査を受けたとのこと。
その結果が出るまで3週間くらいかかってしまったため、
ネガティブな想像が止まらなかったようだ。

妻もつわりの中お義母さんの愚痴を聞くのはしんどかったろうな…

そんなわけで、妊娠の報告は検査結果が出てからということになった。

万が一ということもなくはないが、そもそも大事であれば病院もすぐに検査するだろうし、お義父さんも妻もそんなに心配はしていなかったらしい。
そして、その予想通り、お義母さん特に異常なし。

しかし、もう一つの懸念。
初孫ではあるが、ネガティブモードになっていたら素直に喜んでくれるだろうか…
もしも地雷を踏んでしまったら…

そんな不安の中、妻がさっと妊娠したことを切り出した。

するとお義母さん、「あらよかったじゃない!」
とうれしそうな顔。
顔色が2段階くらい明るくなったように感じた。

これには俺も安堵。

その後、妻の産休、出産祝いや買いたい洋服の話やランドセル、しまいには高校の話まで始まってしまった。お義母さん早いです!

名前についても妻が考えた候補を見せたら「これとこれがいいわね!」とさも決まったかのようなことに。お義母さん早いです!

まだどうなるかはわからないけど、本当に無事に生まれてほしいと毎日祈るような気持ちであります。

うちの親への報告はどうしたもんかなぁ。

他部署の上司との食事会

先日、他部署の同僚2人と食事をしてきました。
部署のトップで40代半ばの上司(以下、部長)と、9つ下の同期です。
こちらの部署からは若きリーダーと1つ下の同僚。
全員男で気楽な会でした。

部署間が1時間くらい離れているので会うこと自体久しぶり。
本来なら年末に行う予定でしたが、メンバーの体調不良が相次ぎ、延期になったのでした。

部長は勤続20年以上のベテランであり、誰からも慕われている人格者です。
勤続10年以上のリーダーは新任時代にこの部長から色々なことを教わったとのこと。
リーダーとなったのはつい最近ですが、34歳にして年上の同僚に指示を出したり、雑務から企業や学校との連携など、忙しく働いていました。
今回はこの部長とリーダーを引き合わせるのが主な目的です。

部長とはあまり話したことはないですが、参加メンバー全員の長所を褒めてくれ、謙虚な態度で話をよく聞いてくれる方でした。
本当に人格者ですわ。

宴もたけなわになった頃、リーダーが部長に問いかけます。
「部長、自分の都合ばかり押し付けてくる同僚たちにどうすればいいか、途方に暮れてます…。最初は聞いていましたが、キリがないし、どんどんエスカレートしてきます。
最近はもうシャットアウトしたいんですけど…」

部長は言います。
「それをしちゃうと、その人たちからリーダーが敵とみられてしまう。
管理職は良く思われていないだろうから、管理職とリーダーVS同僚たちになっちゃうよ。君は調整役として、管理職の言葉をつないだり、同僚たちの訴えを聞いて、協力しますよというポーズをとった方がいい。
…なんなら全部管理職のせいにしちゃっていいから笑」

最後は笑いめかして言ってましたが、本当に同感です。
管理職は責任を取るのが仕事だと思います。
それに、管理職がちゃんと思いを伝えられていないことに同僚たちの不満の種がある。
全員が色々なことを考えているのにちゃんとかみ合っていないように感じます。

それにしても、楽しく、前向きになれる会でした。
リーダーも同僚たちをちゃんと見てるなぁ、と感心しました。
人はみな評価されたいんだなぁ…としみじみ思います。

自分は事務職で好きにやらせてもらってるので気楽なもんです。
でも、慢心せずがんばっていきたいですね。
同僚たちが活気ある方がやってて楽しいので。

親との距離感 その後

前回の続き

kq4.hatenablog.com

 

モヤモヤしながら日々を送っていると母からライン
折り返してみると、
「もう電話しないでとか言っておきながらラインしちゃったなぁ」と
俺も「いやいや、俺も反省したよ」と思ってすらいないけどとりあえず謝っておく笑

話題は父のことで、親戚から認知症の疑いがあると聞かされた後、実際に行ったらおかしなことがあったとのこと。
ほうれん草を新聞紙で巻く際に、どうやっても巻けない量を巻こうとしていたらしい。

ただ、前からそういうとこはあって、どう考えても車で曲がれないところを曲がって車を傷つけるということがあったりした。
軌道修正が苦手で、一度やろうとしたことは間違っていてもやめることができない。
パチンコとかで大負けするタイプだと思うんだけど、よく借金しなかったな…

そんなことをツラツラ話して電話を終えた。

関係がこじれたときは距離や時間をおいてみる。

頭で分かってはいても、モヤモヤしてる時間を過ごすのって、なかなかしんどいんですよね。

それはそれとして、今度は父のことを気に掛ける必要がありそうです。
認知症っぽいところは徐々に出てきているので…。

親との距離感

最近、母と兄との関係がこじれてしまった。
原因は母からの過干渉。孫に会うためとはいえ、毎週のように顔を出したりラインをしたりというのが兄夫婦には負担だった模様。
直接話をすることも難しいため、仲立ちをしたものの、結局孫と会えないのなら今の住所にしても仕方ないと思ったようだ。

父とはもう10年近く別居している。

しかし、今回の件で父のもとに戻ることを決意したようだ。
年金も払っておらず、貯蓄を切り崩している以上、アパート代がもったいないという理由も大きい。

とはいえ、不仲の父のところに戻る心配もあり、母をフォローしようとしたが…

母「仕事終わりにこっちに来てラーメン食べよう」
自分「来月も会う約束はしてるし、こちらも家族(妻)がいるから…」
母「お前も兄と同じだな!もう電話してこないで!」

と関わりを拒絶されてしまった…
毎日のように電話をし、月1で会っていてもこの様である。
もはや情けなくなってしまった。

兄に見捨てられているように感じるのもわかるけれど、そもそも仕事で疲れていたり、自身の家族を大切にしたい兄や自分に、母の都合だけで会うのを強制されても困るのである。

しかし、それが分からない。

親世代の中でも「親と子どもは違う存在だ」と考えられるのとそうでない親は分かれるようだ。
もうちょい下の世代になるとそのあたりを尊重できるようになる印象。
なんだろうねぇ…

ちょっともうさすがに面倒見切れんわ。
姉に一応フォローを頼んだけど、しばらく放っておこうと思う。

レビュー「話を聞く技術 話を聞いてもらう技術」

https://amzn.asia/d/hw3CImL

とても優しい本だった。
タイトルからして、いかにもハウツーものを想像しがちだが、そうではない。
以下、要点を取り出しながら、自分の考えをまとめていきたい。

〇心の欠乏を埋めるには、「聞く」ことが大切。
でも、欠乏している人にとって、他者は皆敵に思える。
なぜなら、誰も話を聞いてくれないから。
「孤独に介入しようとすると、人は孤独になる」
さらに、当事者であればあるほど、話を聞くのは難しくなる。そこには利害が生じてしまうからだ。

〇話を聞ける関係になるためには、「時間をかけること」が必要。
「人間的に見守られる時間は、少しずつ心を修復してくれます」

〇人の話を聞くためには、人に話を聞いてもらうことが大切。当事者ではない、第三者に話を聞いてもらおう。

以上が要点。
どれも共感できる内容だった。
過去に一番キツい職場で働いていたが、その時は誰にも相談をできなかった。
単純に時間がなさ過ぎた。
時間がないことには話を聞くどころか、聞いてもらうことなどとてもできない。
本の中では、他者が敵になるというが、自分の場合は自分が敵というか、とにかく自己否定感にばかりとらわれていたように思う。
反対に、キツいところでも話を聞いてもらえるとなんとか続けることができた。
友人には感謝だな…と改めて思う。

話を聞くためには話を聞いてもらうというのも共感をもった。
福祉現場で支援員として働いていたが、支援する側が支援されないと、いい支援なんてとてもできない。
でも、現場では問題が常に起こり、現実に対処するので精一杯だった。
今思うと問題ばかり起こす人も、欠乏から怯えていたのかもな…と思う。

最近、家族間の仲立ちをすることがあったが、自分が第三者となって介入することもそれなりに意味があったのかもしれない。
ただ、当事者でもあるので、完全に中立といかないのも辛いところである。
職場でもひたすら愚痴をこぼす方がいるのだけれど、皆第三者がいないのかも…孤立しているのかも…と感じた。

かくいう自分も愚痴をこぼすことはあるわけで、「聞く」と「聞いてもらう」を車輪のようにまわしていこうと思った。

その時に、批評やアドバイスはなるべく控えたい。
疲れてきたり、どうしても共感できなかったりすると自分の意見を挟みがちになる。
でもなぁ、共感できないものはしゃあないやん、というところでやはり人の話を聞くのは難しいな、と考えた。

最後に、一番印象に残った言葉を。
「心にとって真の痛みは、世界に誰も自分のことをわかってくれる人がいないことです」

はけ口がどこにもない人へ。
人から愚痴ばかり聞かされて辛い人へ。
孤独(孤立)を感じている人へ。
孤立を感じる人を助けたい人へ。

お勧めです。