KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

私は何を望むのか?

自分の理想のライフスタイルというか、どんな生活がしたいか、ということを考えてみたものの、すっかり分からなくなってしまっていた。

無職のときはただ、仕事に就きたく、このみじめで無力で、社会の何にもつながっていない状態から、家庭の問題から逃げたかった。

ここは、今は自分がいるべき場所、世界じゃないんだ。助走、修行、仮初め、仕方なく、甘んじているだけなんだと。


で、就職をしたら今度はそんなことは考えられず、ただただ辛く、逃げたく、せめて休みの日くらいは仕事から離れたいと思いながら持ち帰り仕事と電話とラインの振動音に怯える日々が始まる。

職場の人はそんな状態が普通なので普通じゃない俺を慰めるには今の環境が普通じゃないとするしかなかった。

本当はそんな職場はざらにあり、もっとひどいところはざらにあるんだろう、という負い目もある。べつにブラック企業とは思わないが、自分の求めるものはここにはなかったのだ。


じゃあ、何を求めているのか。

何を望んでいるのか。


自由な時間、ゆとりのある生活。

それを叶えるにはどうすればいいのか。

そもそも、自由でゆとりある暮らしで何がしたいのか。

疲れた頭と身体でそれを考えては、今の職場で前向きに生きたいから、それを打ち消し、何も楽しめないまま一年近くが経った。


転職はそこを固める前に決めてしまった。


で、今考えている。


慣れ親しんだ地元。自然。温泉。運動できる場所。ドライブ。

友人たち。またバンドがやりたい。

家族。今はバラバラでも、せめて近くに。

ゆとりある時間の中で、料理をしたり、ぷらっとでかけたり。


東京には美味しいものがたくさんあるんだろうけど、正直地元の方が御飯が美味しい。安いし、行くのも楽。

ラッシュもないし。


東京にいる意味がないのだろう。自分は。


仕事ではコミュニケーション、特に話を聞き、なだめ、人間関係やその人を落ち着かせるようなことがしたい。

あるいは、決まったことにしっかり取り組みたい。が、ある程度の幅も欲しい。


書いている内にまとまってきた気がする。


生活

自然に触れ、運動し、音楽をしたい。

友人や家族と穏やかな時間を過ごしたい。

近くの温泉や美術館、農産物販売所までドライブしたい。


仕事

相談を受け、その人の力になりたい。

組織、人間関係の調整。いいところを認め合う風土を作りたい。

総務、庶務的な動き(これはメインではないが)


総じて、自分は穏やかな、調和した時間を過ごしたい。

明日も分からないような、不安な生活ではなく、安定した(自分が何に取り組むべきかを自覚した)生活がしたい。


半年ぶりに握るは包丁

ここのところは疲れ切ってしまい、休みの日も空いた時間もひたすら眠るだけだった。
妙に気ばかり焦って、時間を有効活用したいと時間を有効活用するためのハウツーを
探す本末転倒ぶり。

そんな生活をしていたら前頭部におおきなおできができてしまい、痛いのなんの。
まともな休みが10日ぶりとかになってたからかもしれないが、栄養の偏りとストレスからくるものと推測している。

そんなわけで病院へ。
なぜだか今日は11時に目が覚めた後はやたら活力が沸いて、洗濯や炊飯器のタイマーをセットしてから出かけた。

病院が3時からなので、郵便局や買い出しをして時間をつぶす。
郵便局の人からおできを心配された。それくらい目立つ。
今まで首や胸にできたことはあれど、額は初めてだよ。

TSUTAYAにてCDを借り、皮膚科へ。
膿が溜まっているとのことで穴をあけて出す。
胸のおできのときもそうだったけど、これがまた痛いんだわ。

その後はフリータイムということで錦糸町をプラプラと。
駅前にモールや駅ビルがあるから便利なんよね。

東京にいるけど、結局歩くところは地元にいるときと変わらない。
ライブも美術館も、本当に見たいものはそうそうやっていない。

店を見て歩くと、TSUTAYAの店員さんがセキリュティを切り忘れたのか、二度ほど探知機に引っかかる。
アロマディフューザーなんぞを購入しつつ、帰路へ。
おかずを買い、半年ぶりに包丁を握って料理をする。

うーん、お惣菜よりやっぱり自分で作った方が上手いのってなんでなんだろね。

職場からの電話もなく、久々にゆっくりできた休日だった。
もうすぐこの日々からもおさらばさ…。

眠み

今日は仕事を半休で終え、早めに帰宅するつもりでした。
用事があったため、品川に寄り、そこから自宅への電車に乗りこんだ…

30分後、品川を出た電車が品川に着きました。ホワァイ!?

どうにか自宅の最寄りに着いた頃には14時を回っていました。
腹が減っていたのでラーメンを食べ、帰宅。

するとすんごい眠さが襲ってきました。
やることあるのに…

どうにか溜まった洗濯物を干したころにはもう眠くて眠くて…

で、今。

そんなに眠くないけど、今寝ないと今度は明日が起きられないんですよね…

一個一個片づけるとしましょう…。

ストレングス・ファインダー研究

久々にストレングス・ファインダーをまとめてみます。

調和性
自我
運命思考
コミュニケーション
最上志向

この中で、実際に行動に結びつけられるのって、
「調和性」と「コミュニケーション」だけだと思うのですよ。

「自我」は他者から認められたい「運命思考」は他者とのつながりを信じる
「最上志向」はとにかく上を目指す、道を究める

という考え方というか「癖」のようなものだと思います。
他の強みと組み合わさって初めて形となるというか。


いったい何から認められ、何とつながり、何を極めていくか。

で、自分の場合は「調和性」と「コミュニケーション」
すなわち「他者との調和」「他者との対話」
がキーとなるわけです。
話すことや文章を書くことで、他者をつないだり、意見をまとめていくというわけですね。

そんな仕事あるんかいな…
まぁ、仕事の中でそういった部分を活かしていくことが肝要ということだとは思います。

思いますが、自分の場合
「認められない」「意義を感じない」「このままやっても先が見えない」となるともう仕事したくなくなります。

やってくことで実感できるようになる部分だとは思うのですけどね…。
石の上にも三年って絶対嘘だと思ってる人間なので…。
(嘘というか、すべてのケースには当てはまらないというか)
なので、せっかくやるなら自分の強みを発揮していきたいと思うのです。
で、そこで自分が何をしたいか、てことなのだけれど、
本当に「平和が一番」だと思うんですよ…。

それが叶えられて初めて「コミュニケーション」が発揮される感じです。
本当はコミュニケーションももっと生かした方がいいんだろうけど、どうしても
引っ込み思案というか、そういう風になってしまう。

ここまで書いて、自分が磨くべきは、というか唯一磨けるのがコミュニケーション力なのかな、と思いました。
「調和性」から考えて、人を仲裁したり、仲をとりもったりするのがいいのかもしれません。
なので、

『コミュニケーション力を究め、調和をもたらすことで認められる』

という戦略でいこうかな…。

あとは、何を意義とするか、てところですが…。
近視眼的なのか、教員をしていたときは目の前でやっていることの意味が分からなくなってしまっていました。
販売員は目の前でやっていることの意味は分かりますが、「で、結局それはどういう役に立つの?」という大義を見失ってしまったのです。

日々に流され、疲れてしまったという点はどちらも共通してます。

自分が意義を持つもの、大儀を感じるもの…。
それは次の仕事をやってみてわかるものなのかもしれませんね。

福祉かなぁ、とぼんやりと思います。
全ての人間にあてはまることというか、そういう仕事をしてみたいですね。
かつ、目の前のことがつながってくる実感が持てる仕事を。

まとまりませんが、こんなところです。

もうすぐ帰ります

 結局、今の仕事を辞め、地元に帰ることにしました。
残り1か月くらいの勤務ですが、そこはそれとして…

職場の人間関係がしんどい…

職場は基本数名で回しているのですけど、そのうちの派遣社員の人が口をきいてくれなくなりました。
別に自分が仕事を辞めるからではありません。
こちらが仕事で迷惑をかけてしまったからです。

普段、休日や仕事の負担をいくら減らしていても、一度のミスで帳消しになるものですね…
ミスをしたのは自分なのでそこは仕方ないですが、正直仕事に支障に出るレベルです。なんならもう一人でやるからいなくなってほしい。面倒くさいから。
肉体的な疲労も精神的な疲労もしんどいものですが、後者はじわじわ来るんだよなー。
とりあえず、残りの期間、仕事を粛々とこなしていこうと思います。

早く地元帰りたい~。

久々の更新

更新最後といいながら、しれっと更新してみました。
kq4です。

違うブログで更新しようと思ったのですが、無職期間を散々苦しんだ男がその後どうなったのか、というのを書くことでもしかしたら参考になる人がいるのかもしれない、と思い敢えてこちらに書くことにしました。

…面倒くさいということもありますが。はてなの機能で一年前の記事がメールされてくるんですよね。あー、あんときはそんなことを考えていたのかと。今とは違う辛さがあったし、その時の自分の選択はそうするしかなかったのだと改めて思わされたことが更新のきっかけです。

春先に転職した後、30代男はどうなったか。

えぇ、超しんどかったです。

毎日朝6時に出て、帰りは終電とかでしたからね。
タクシーもあればホテルに泊まったこともありましたよ。
休みは体中痛くて寝て過ごし、あるいは病気で病院通い。
自慢でも何でもなく、ただただ辛くて、自分の選択を恨みました。

辞めようと何度も思いましたし、今も絶賛悩み中です。
少しだけ余裕ができた今だからこそ、早めに決断した方がいいのかなぁ、と思います。

では何に悩んでいるのか…

1将来のキャリアプラン
今現在、私は都内のとある専門店で働いています。
本社は実家とは違う地方(関西)にあり、いつかはそちらに行かなければならないかもしれません。

実家に仕事がないからと都内に出てきて、関西に行くのも仕方ないと、無職の時は思っていましたが、いざ地元を離れ、ハードワークに身をやつしていると思うんです。
「自分の人生、どうなるんだろうか」

なぜそんなことを考えるか、て結局自分がどうしたいかという軸がないからなんですよね。分かってはいますが、考えてしまいますね。

地元にいて、車で簡単に移動できて、自然があって、たまに仲間と遊ぶ。
これが叶えられるのならば、別に高給取りじゃなくてもよかった。

ただ、当時より少しだけ余裕がある暮らしがしたかっただけなのに、第一線の現場に放り込まれたことで心身共に疲れ切ってしまったんですね。

以前は
1日の労働時間12~14時間
休日年間105日(実質95日位だし、電話がバリバリなる)
年収260万

今は
1日の労働時間12時間~14時間(ただし、立ち仕事)
年間休日105日(持ち帰りの仕事がバリバリあるし、電話もメールもバリバリある)
年収400万

 

年収を考えれば今の方がいいし、労働時間もそんなに変わらないのですが、以前は車移動の時間が長いだけで、実質の労働時間は長いとは言えなかったんですね。
そして、今の仕事はプレッシャーが半端ないです。
社員のレベルも高いし。最近はそこはあまり気にしなくなりましたが。

 

…こうして比べてみると、仕事云々というより環境の問題な気がしてきましたね。
田舎(地元)のライフスタイルに変に憧れているだけな気がしてきました。

うん、やっぱり書くって大事ですね。

仕事は続けながらも、地元に戻れないか、そこを考えたいと思います。


将来を考えた不安でいつも転職を繰り返していて、今回もそれは変わりがないのですが、自分が望むライフスタイルが何なのか、それをはっきりさせたいと思います。
そのために何を捨て、何を選ぶのか…。

今だったら最初に辞退した介護施設の総務、受けただろうな(笑)
精神的にはタフになったと思います。

あとがき

新しい仕事に就き、慌ただしく働いております。
無職の頃には考えられないほど時間がバタバタと動いていますが、
なんとかやってます。

転職活動を振り返ってみて、あれが必要だった!と言えるかどうかは自信がありません。
ただ、私は仕事を辞めてから転職活動をし、その結果運よく転職をすることができました。
転職を7回もし、ゴミみたいな職歴ではありましたが、色々な人からのアドバイスを受け、それを評価してもらうことで、人材を急募している企業に拾ってもらうことができました。
在職中では先方のスケジュールに間に合わず、きっと雇ってもらえなかったと思います。すべては終わってみれば…です。

在職しての転職活動の方がセオリーだし、経済的にも精神的にも落ち着いて活動できます。
でも、もう限界だ!と思うからこそ退職に踏み切ったわけで、あの時にはああするしかなかったと思っています。
どっちにしろ、メリットデメリットはあるのでどちらを選ぶのかは自分次第なんだな、と思います。

就職はしないといけない。でもブラックはダメ。
仕事したら三年は勤めないと。でも、歳をとったら転職できないよ。
離職期間長いと転職に不利だよ。でも、焦って入るとロクなことないよ。

…本当に、色々な意見があると思います。それらに触れるたび、無意味な焦りを感じてきました。

結局、何を選ぶかだと思います。
人の意見は参考にしながらも、振り回されないようにすることが大切です。

今理由があって求職中の方も、どうかがんばって欲しいと思います。
一人で悩んでもロクなことないです。
無意味と思わず、専門機関のアドバイスを受けつつ、トライ&エラーしてく他ないのかな、とそう思いました。

結局、最後は自分を上機嫌に持っているのが一番大事なんだな、と思います。
今の仕事でもそれを第一に考えています。

これでこのブログの更新はおしまいです。
いつか、また別のブログでお会いできればいいですね。

Kでした。