KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

活動状況

本命の企業に第三次面接までやって不採用をくらってからこっち、ますます活動的に転職活動に励んでおります。
(東京まで行くのに一回4000円くらいかかるから、三回行くと12000円もかかるんだぞ…!!)

ある程度行きたい企業は絞らないといけない反面、何もしないで日々を過ごすのも精神衛生上いいものではなく、自分なりに範囲を緩めてちょこちょこと続けているうちにもう年末。
思えば就業中に2件ほど内定をもらったことで転職活動を安易に考えてしまったことは否めませんが、選んだことに後悔がない選択をせめてしたいと思います。

そんな中読んだ宇宙兄弟でのセリフ「俺の敵は、大体俺です」という言葉に非常に共感を覚えます。今の状況は自分で選んだことなのに、それに負けそうになっている自分。

きっちり、初志貫徹したいと思いながら、明日も面接です。
今のところ、地元の病院勤務が2件
都心のカフェスタッフが1件、全国転勤ありのカフェが1件です。

カフェという業態は一般的には労働条件は良くないのですが、その中でも休日がしっかり設定されているところにしております。

自分の強みを分析しての選択ですが、強みは活かし方次第なので、それが決定打にはならないところがまた悩むところ。

サービスを突き詰めたい=都心も含めたカフェ・小売
地元に腰を据えて働きたい=病院

という形で落としどころをつけたつもりです。

教育業界には戻りません。