KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

婚活と運と努力

結婚します。
40歳手前、過去に付き合った女性は1人きり。
職歴は10を超える。決して人に誇れるような経歴はない。
それでも幸せです。

過去に勤めてきた企業はどれもブラックよりで、薄給激務なとこがほとんどでした。
最近は定時で帰れて賞与もある会社に入れました。
職場環境がおかしくなってきたとこで転職しようとしたら念願の事務職に異動。
そして今年度の結婚。

正直、運がよかったとしかいいようがない。

婚活自体は断続的に5年くらい前からやっていた。最初はpairsに登録したり、婚活パーティや街コンなんかに参加した。pairsは全然会えずじまいだったし、婚活パーティでマッチングしたことは一度もなかった。そうこうして転職し、退職し、また転職。
そのころはポツポツと婚活パーティに参加するも全敗。

コロナ禍もあって一念発起し、pairs、omiai、ゼクシィ縁結び、マッチングドットコムに登録した。pairsでは1人会えた。一か月メッセージのやりとりをした後、デート。

自分でもすごくいい雰囲気ではないとわかってはいた。わかってはいたが次の約束がもらえないのは堪えた。
その後無料会員となって惰性でpairsとomiaiだけ続けた。計2人と会う約束ができた。
そして出会えたのが今の彼女だ。

こうして書いてみたけれど、かなりがんばったと思う。
がんばったけれども、最後は運だと思う。なぜって、最初に登録した時は今より若いのに会うことすらできなかったから。タイミングがよかったのだろう。

しかし思うのだ。身近にいる「結婚できない」「いい出会いがない」とこぼしている人たちは俺ほどがんばっただろうか、と。
努力してないからでは?と思いたくなる。俺のがんばりのために。


結果に至るまでは運だ。それは変わらない。でも、最初の一歩を踏み出すのは自分だ。

俺もこの先どうなるか分からない。不運に見舞われることは間違いなくある。

ヒットを打つためにバットを振らない人にチャンスは来ない。
でも、こう言えるのはきっと運がよかったからなのだとも思う。

運を得るためのきっかけをつかむための最初の一歩は、やはり努力なのかなぁ。
そんなことを思う。