KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

最後の転職

www.motivation-up.com

昨年の夏より、本気で転職を考えていた。
きっかけは、職場でのトラブルの発生と、そのトラブルに関して職場から何のフォローもなかったことだった。

幸い、同僚は皆いい人ばかりなので自分の苦しみは理解してもらえるものの、
今後同様なトラブルがあった際、この組織は守ってはくれないと確信した。

実際、トラブルはあり、その際も現場判断で難を逃れることを繰り返していた。
警察沙汰になることもあった。喉元過ぎれば…というが、喉元が火傷してただれているように思う。

転職を考えた時、今の自分の働き方や志向を踏まえ、事務職をやってみたいと思った。

以前の転職活動の時も事務職を志していたことはあったものの、未経験で内定が中々もらえなかったことや、本当に自分は事務がやりたいのか?と自問自答し、経験のある販売職に転職した。結果超ブラック企業に入ってしまい、現職に至るわけだが。

今は現場職ではあるが、マニュアルの作成やシステムの導入、備品や資料整理など、「これ事務じゃね?」「何より、こういう仕事、俺嫌いじゃない…むしろ好き…」と思うことが多々生じている。ちゃっかり転職活動の自己PRにも使っているが(笑)

これまでのキャリアの中でもデータ管理はしていて、その部分を評価してもらうことはあった。もちろん、専門職ではないので片手間だったかもしれないが、本気でPCスキルを極めればもっとできることは増えるように思う。

加えて、現場の調整役をすることが自然発生していて、コミュニケーションって本当に難しいんだなぁ、と他人事のように思うんだけど、いわゆる「潤滑油」的な仕事をすることが多い。いや、ホントにこれ笑い事じゃなく大事というか。
なんていったって、業務内容が伝達されないまま仕事が進んで盛大に手戻り!てケース、前職でもあったからね。そりゃ終電もなくなるわ、と。

この辺を活かしてみたいな、という欲が大きい。
きっかけが「逃げ」ではあるんだけど、じゃあ逃げた先に何があるのよ、と思ったら、この「欲」を最大限に張ってやろうじゃないかと。

転職をすると、年収は大幅に下がるのだけど、未経験だから当たり前であって。
本当の本当にこれを最後の転職にしたい。