KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

メリットの法則 第4章

第4章 行動に影響を与えるメカニズム(応用形)

 

1.日常の行動はもっと複雑

 

2.行動を強める強化の原理(応用形)

 〇嫌子出現「阻止」の強化

  クレームが来る⇒指さし確認をする⇒クレームが来ない

  ⇒クレームという嫌子が出現するのを阻止する行動

 〇好子消失「阻止」の強化

  文章が消える⇒こまめに文章を打つ⇒文章が消えない

  ⇒文章という好子が消失するのを阻止する行動。

3.行動を弱める弱化の原理(応用形)

 〇嫌子消失「阻止」の弱化

  小児科にて…とげを抜いてもらえる⇒じたばたする⇒とげを抜いてもらえない

  じたばたする行為は嫌子を消失するのを阻止してしまう。

じたばたすることを押さえる=弱化

 〇好子出現「阻止」の弱化

  紙芝居が始まる⇒騒ぐ⇒紙芝居が始まらない。

  騒ぐ行為は紙芝居という好子を阻止する。静かに、というジェスチャーが弱化する。

4.阻止の随伴性に伴うリスク

5.強迫性障害を形成するメカニズム

  不安⇒強迫行為⇒不安が収まる⇒行為をやめると不安⇒強迫行為

  強迫行為はあえて不安にさらされ続ける(曝露)ことで馴れる。

6.阻止の強化による強迫障害

  泥棒に入られる⇒何度も鍵を確かめる⇒泥棒に入られない

  手が汚れる⇒念入りに手を洗う⇒手が汚れない

  風邪をひく⇒しっかり手を洗う⇒風邪をひかない

  嫌子出現阻止の強化

7.エクスポージャー行動分析学でとらえ直す

  手が汚れる⇒念入りに手を洗う⇒手が汚れない

介入後

  手を汚す⇒水道の代わりにタオルで拭く⇒タオルで拭った分汚れが落ちる

 嫌子消失の強化

①実際に汚れたものを触る

 ②違う行動を促す

〇嘔吐不安のケース

 外に連れ出して、外食をする。食事量から効果を測定する。

 人前で吐く⇒一目を避けて食事する⇒人前で吐かない

 吐いていない+誉め言葉なし⇒人前で食事する⇒吐いていない+誉め言葉あり

  ⇒不安を下げるのではなく、遂行可能な行動の結果、不安が下がる。

 

  人間は不安になったとき、言葉で哲学するよりも、あえてこれまでの生活を続ける方がいいかもしれない。