KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

仕事に行きたくない病

遅番出勤のため、仕事は午後から。
しかし、この時間をダラダラ過ごしてしまい、自己嫌悪に。
気持ちに余裕がある時はダラダラ過ごしてもこんな気持ちにはならない。
やはり仕事に関してストレスがあるからこうダラダラ過ごしてしまうのだろう。

書籍を二冊読んだが心は晴れない。
二冊とも仕事のモチベーションを上げるものだが、読んでも上がらない。
これは何か別の要因があるんじゃないかと考えてみた。

なぜ転職したいか。きっかけは?

慣習的タイプの仕事をしたい。静かな環境で仕事をしたいと思った。
きっかけは今の仕事が臨機応変で、うるさい環境だから。
そこから逃げ出すためともいえるが、反面、理想の環境を手に入れるためともいえる。
もしも見込みがないのなら今の仕事でその環境に近づけるよう我慢するが、よりエネルギーが小さいのは転職といえる。

定型的な仕事を着実に、しっかりとこなしたい。

これが仕事に求めるものである。
今の仕事をどうこうというより、次の仕事に目がいっているのである。

つまり、やることは
①次の仕事のためにやるべきことをやる
②今の仕事についてあれこれ思い悩まない
 ※思い悩んでも仕方ない
③しっかり気晴らしをする

かな。

①希望の仕事
②ライフワークバランス
③プライベートの充実

プライベートはウォーキング、ハイキング、筋トレ、読書、自己啓発、資格勉強
を充実させたい。

よし、筋トレやってウォーキングしようっと。
書いていたらすっきりした。