KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

私は何を望むのか?

自分の理想のライフスタイルというか、どんな生活がしたいか、ということを考えてみたものの、すっかり分からなくなってしまっていた。

無職のときはただ、仕事に就きたく、このみじめで無力で、社会の何にもつながっていない状態から、家庭の問題から逃げたかった。

ここは、今は自分がいるべき場所、世界じゃないんだ。助走、修行、仮初め、仕方なく、甘んじているだけなんだと。


で、就職をしたら今度はそんなことは考えられず、ただただ辛く、逃げたく、せめて休みの日くらいは仕事から離れたいと思いながら持ち帰り仕事と電話とラインの振動音に怯える日々が始まる。

職場の人はそんな状態が普通なので普通じゃない俺を慰めるには今の環境が普通じゃないとするしかなかった。

本当はそんな職場はざらにあり、もっとひどいところはざらにあるんだろう、という負い目もある。べつにブラック企業とは思わないが、自分の求めるものはここにはなかったのだ。


じゃあ、何を求めているのか。

何を望んでいるのか。


自由な時間、ゆとりのある生活。

それを叶えるにはどうすればいいのか。

そもそも、自由でゆとりある暮らしで何がしたいのか。

疲れた頭と身体でそれを考えては、今の職場で前向きに生きたいから、それを打ち消し、何も楽しめないまま一年近くが経った。


転職はそこを固める前に決めてしまった。


で、今考えている。


慣れ親しんだ地元。自然。温泉。運動できる場所。ドライブ。

友人たち。またバンドがやりたい。

家族。今はバラバラでも、せめて近くに。

ゆとりある時間の中で、料理をしたり、ぷらっとでかけたり。


東京には美味しいものがたくさんあるんだろうけど、正直地元の方が御飯が美味しい。安いし、行くのも楽。

ラッシュもないし。


東京にいる意味がないのだろう。自分は。


仕事ではコミュニケーション、特に話を聞き、なだめ、人間関係やその人を落ち着かせるようなことがしたい。

あるいは、決まったことにしっかり取り組みたい。が、ある程度の幅も欲しい。


書いている内にまとまってきた気がする。


生活

自然に触れ、運動し、音楽をしたい。

友人や家族と穏やかな時間を過ごしたい。

近くの温泉や美術館、農産物販売所までドライブしたい。


仕事

相談を受け、その人の力になりたい。

組織、人間関係の調整。いいところを認め合う風土を作りたい。

総務、庶務的な動き(これはメインではないが)


総じて、自分は穏やかな、調和した時間を過ごしたい。

明日も分からないような、不安な生活ではなく、安定した(自分が何に取り組むべきかを自覚した)生活がしたい。