KQ4 DIARY

地方で暮らす、30代男性の日々の色々なこと 教育→小売→福祉と転職

キャリアカウンセリングに行く

転職活動が長引いてしまってるのでキャリアカウンセリングに行ってきた。
いわゆるジョブカフェというやつだ。
10年前位にも利用したことあるんだけど、まさか30過ぎた今になってまた利用することになるとは思わなかったよ…。

で、最近とくに突っ込まれるのが「転職理由」「前職の年収」「離職期間」なので、それらについて相談してみた。
結果的には「正直に言おう」ってことだった。
正直に言った後で、「今後こうしたい」というビジョンを見せる、という話だね。
【転職理由】
 前職の会社の多角化により、業務の半分以上が配送業務にとられるようになってしまった。これをきっかけに、店舗運営にしっかり取り組んでいきたいと思っております。
で終わっていたので、
「商品の魅力を伝える最前線である店舗を重視されている御社で、自分も活躍していきたい」とかつなげるようにようと思う。
これが他職種でも同じなんじゃなかろうか。自分の置かれている環境が変わったことはきっかけで、そこからやりたいことにこだわりたい、と。

【離職期間】
 何十社も受けておりますが、中々採用が決まりません。長引いてしまう理由としては、今までの面接では取り繕った部分ばかりだったと反省しております。御社にはこれまで私が経験した部分も含めてアピールしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
くらいいってもいいのかもしれないです。
前職の年収に関しても、当時は焦って就職してしまいました~と、正直に言え、と。
自己アピールなんかもどんどん自分の素の部分をさらけ出していきなさい、とバシバシいわれました。なるほどね~。

いい恰好しないようにしないといけない、てことですわな。
何十社受けてもダメだけど、受かった!という体験談も、素の部分が自然と出たからこその結果なのかもしれません。
今日は勉強になりました!